>>3万円~出来る包茎治療はABCクリニック美容外科

あなたの包茎は手術が必要?

◆包茎には手術は必要か?


包茎と手術


手術手術が必要かの見分け方
まず、手術した方がいい包茎と、
手術なしでも治る(直る)包茎をきちんと区別しておきましょう。


基本的には、真性包茎とカントン包茎は
手術などの治療をした方がいいです。


真性包茎では、
亀頭の表面と包皮が癒着を起こしていることが多く、
強引にむこうとすると、ペニスを傷つけることもありますので。


カントン包茎では、
下手に皮をいじるとペニスの壊死を招くことがあります。


しかし、子供、小児、幼児の時は基本的に真性包茎でも
手術などの治療、処置は必要ありません。


真性包茎でも程度により
手術などの治療の必要のない場合もありむしろ、
自分で包皮を伸ばすして広げることにより、
治る(直る)場合もあります。
しかしお医者さんに診てもらうことをオススメします。


真性包茎の手術はお医者さんでも手術などの治療が
必要かどうかは、わかれるようですので、
まずは、お医者さんに診てもらってください。
切らないで治す方法もあるようですが。


仮性包茎は、
手術などの治療なしで治す・直すことができます。
自分で包皮をむく習慣をつけることで正常に戻せるのです。







仮性包茎でも手術を受ける人
仮性包茎は、
自分で治すことができるのですが、仮性包茎の方の中には、
進んで手術を受ける人が少なくありません。


確かに、仮性包茎でも
手術などの治療を必要とするケースがまれにあります。
包茎のために、亀頭の発育が極端に悪くなっている場合や、
亀頭が超過敏になり、早漏どころか性交痛などの痛みを伴う場合、
包皮が長すぎて性交の妨げになるような場合
(勃起した時に、まだ包皮が亀頭にかぶさっている状態)の
3つです。


しかし、仮性包茎で、自ら手術を希望する方のほとんどは、
この3つのケースではなく、
その目的はズバリ「早漏を治すため」です。



包茎