>>3万円~出来る包茎治療はABCクリニック美容外科

仮性包茎を自分で治す(直す)方法

◆仮性包茎を自分で治す


仮性包茎を直す


おすすめの方法です・・・
切らずに治せる包茎矯正方法


日頃からの努力
仮性包茎を治す(直す)ために、
自分で治す、自己治療法として、いつも包皮から亀頭を出しておく
習慣が効果的である。

その仮性包茎を自分で治す、治し方(直し方)は簡単です。
トイレに行くたびに、陰茎の包皮から亀頭を出してから
パンツにしまいます。
後、お風呂で出す方法も良いでしょう。



初めのうちは、気が付くとパンツの中で包皮が
元通り亀頭を覆っている事の繰り返しでしょう。
根気良く続けてください。
いつのまにか、出ている時間の方が長くなってきます。
この方法で、仮性包茎が治った(直った)という方も多いです。




亀頭の出し方のコツ
●毎日できるだけ回数を多くする。
●無理のない範囲でする
●陰茎を、3・4本の指でしっかり持って、
皮をずらすようにすると先っぽ(包皮口)が
突っ張るようになるのがわかります。
●包皮口を広げ、恥垢を拭き取ります。
●亀頭部と包皮が癒着している時は、少しずつはがします。
●包皮口を広げたり、
癒着をはがす時に少し出血する場合がありますが、
清潔にして包皮を戻しておけば出血は止まるので、大丈夫です。


※ 包皮口が少し狭いだけでもむいたままにすると、
カントン包茎になってしまうことがあります。
包皮口がきつい人は、
「出して、戻す」を何回も繰り返して包皮口を広げておいてください。
包皮口が十分ゆるくなってくれば、
ずらした包皮から手を離すと自然に包皮が戻るようになります。


おすすめ・・・
切らずに治せる包茎矯正方法




早漏早漏も早く治る
出す習慣をつけだすと、最初の頃は、
亀頭部や包皮の一部がヒリヒリしたり赤くなったりします。


これまでずっと陰茎は、
包皮の内側で保護されていたのですから、それも当然です。
ちょっと落ち着かない気分になりますが、よほど痛くない限り、
放置しておいてかまいません。
このヒリヒリ感が早漏を克服していってる証拠なのです。


陰茎を眺めると、
亀頭や包皮が以前に比べると乾いている事に気づきます。
細菌は乾燥に弱いですから、
雑菌が繁殖して陰茎に恥垢がたまる事がなくなるはずです。


一刻も早く仮性包茎を直したい人なら、
夜眠ってる間、陰茎の根元にゆるく輪ゴムを巻いて、
包皮が元に戻らないようにするのも一つの方法です。
ただし、くれぐれも強く巻きすぎて、
うっ血しないように注意してください。
陰茎は、夜中に勃起します。
ちょっとゆるすぎるかな?というくらいが適当です。



評判ですよ・・ 切らずに治せる包茎矯正方法



包茎